NLP ディソシエイト 不安を小さくするテクニック

スポンサーリンク

不安を見る

『不安を小さくする方法』があります!!

実はスゴク簡単です!!

誰でもできます!!

すごく気になりますか?

答えから先に書きます。

『今、不安なんだ!!』と他人事のように自分を眺めて自覚してください。

そうすれば、不安はドンドン小さくなります。

これは、心理学、NLPでもよくあるテクニックで、ディソシエイトと言われるものです。

広告





《完全無料》即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信

NLP ディソシエイトの具体的手法

ディソシエイトは、よく次のように説明されることが多いです。

映画の中に自分をおいて、他人事のように自分を眺めるような感じです。

このようにすることで、自分を客観的に見ることが可能となります。

そして次に、その不安について強く強く思いっきり感じてください。

不安を敢えて強調して感じるワケです。

こうすると・・・意外に恐怖や不安を強調して感じることは難しいと理解できます。

この2つの方法を合わせてやることで、

ダンダン自分を客観的に見ることができて、冷静になることが可能になると思います。

更にNLPの2つのテクニック

サブモダリティーチェンジ

これは、簡単に言うと

不安と焦りの原因を、イメージの中で大きくしたり、小さくしたり、色、形を変化させることです。

例えば、苦手な上司のことを・・・小さくしたりするのです。

これは、イメージの中で行うことなので、楽しみにながら、いろいろやってみください。

ダンダン、不安や焦りに感じることがバカバカしく感じてきます。

リフレーム

簡単にいうと、意味づけを変化させるのです。

例えば、ひどく上司から怒られた場合は・・・

『ここまで叱ってくれるのは、私のことを考えてくれているから!!』

と意味づけを変化させることです。

サブモダリティーチェンジ、リフレームともに、イメージを使います。

このイメージ力をアップさせると、このテクニックだけで、十分に心が軽くなるので、ぜひ習得してください。

まとめ

まとめると、

まず第一に、

不安 = 自分を見失って焦っている状態

と理解することがスタートしてみてください。

これだけでも十分に効果があります。!!

そこがわかると、冷静に気を大きくすることが可能になると思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする