集中できない=脳が正常で優秀である証拠

スポンサーリンク

集中できない = 脳が正常で優秀である証拠

この手のブログとしては、異例かもしれませんが、

ネガティブなようで、実はポジティブなお話しを書きます。

よく集中する方法に関しては、

いろいろな書籍、ブログ、Webサイトで紹介されているのはご承知と思います。

でも・・・多分・・・どれも・・・上手くいかないですよね・・・

あぁ・・・言っちゃった(笑)

実際、私も全然上手くいきませんでした(笑)

だから、上手くいかないことで、自己嫌悪に陥ってる方って多いような気がするのです!!

でも、大丈夫です。

集中できなければ、集中できないほど、あなたの脳は正常で優秀です。

『はぁ~??集中できない方が優秀って・・・意味がわからない』

でも、もう一度言います・・・本当のところは集中できない方が優秀です。

多くの方は、目の前のことに集中したいのにできない。

別のことを考えたり、余計なことをやってみたり、

・・・という状態に陥りがちです。

でも、それが正常の証しです。

広告





《完全無料》即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信

理由

その意味、理由、答えについて以下記載します。

人間は太古の昔から、

野獣、人同士の争い・・・等々

・・・ずっと身の危険にさらされてきました。

それゆえ、人間は本能的に常に廻りの状況を把握して、

常に快、安心を求めようとします。(←これが潜在意識の最たる部分)

つまり、廻りを警戒しつつ、

快楽を求めたがるの人間の特性であり、本質的な性質です。

もっと簡単に言えば・・・

廻りのことが気になって、

目の前のことに集中できないのは、

本能的に脳がリスク回避、

セキュリティー機能を優先させる構造

となっているからです。

つまり・・・

目の前のことに集中してしまうと

周辺のことが認識し辛くなるので、

スゴク危険なのです。

だから集中しづらくできている。

だから集中できない方が、脳が正常!!

と言えるのです!!

どうですか、ちょっと安心しましたか??

その特性を理解できれば、集中できないことへの理解が生まれ、むしろ集中できるようになると思います。

また、脳は『空白を嫌い、スグに埋める』癖があります。

言い換えると、本能的に空白はある意味、

何も考えていない、何もセンシングしていない、

危険な状態であると認識するからです。

だから、無になることは難しく、

瞑想で空、無を体感できることは相当難しいわけです。

では、集中力を上げるにはどうしたらよいか・・・

答えは、『快』と感じることがあれば、それには集中できます。

例を挙げると

本当に好きな趣味をやっているとき・・・

ですから、自分にとって快を見つけることが先決です。

次はその快の見つけ方を書きます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする