内観・観照・見性と幸福

スポンサーリンク

幸福ってなんでしょう??

いきなり???なにを??って感じですね。

でも、意外に難しくないですか??

『幸福』って・・・

実体がつかめず、わからない・・・

今は幸福なのか、不幸なのか、いつになったら幸福か不幸か結論がでるのか??

なんか、禅問答のようですね。

実は、幸福になる、ならない、

今どうか、過去どうか、未来はどうか

・・・・を考える前に・・・・

今、心の中に浮かぶ、思い、感情を眺めることが、

幸福に関する問いのヒント・答えになることが多いです。

なぜなら、

今は、過去と繋がり、未来と繋がっているからです。

今を良くすれば、未来は良くなるし、

過去の良かった点を見つめ直し、

未来に向かって進むべき方向性が見えてくるかもしれません。

広告




内観・観照・見性

そこで、内観をされてはいかがでしょうか??

内観は、観照、見性と言われたりもしますが、ここでは内観に統一して説明します。

やり方は簡単です。

なるべく、

① ボーっとして、意識的には思考せず、

② ただ心に浮かんだことも無理に消そうとせず、

③ ただ眺めるようにします。

やってみるとわかるのですが・・・

内観をした後、不思議ですが、

年収を〇千万にするとか、家を建てるとか、お金を稼ぐとか・・・

ケッコウどうでも良くなってきます(笑)

意外に俺って、

全然違うことが考えとして浮かんでくるな、

というのを素直に感じてください。

すると、幸福な状態が少しだけ垣間見れる状態となりますよ。

何が言いたいのかというと・・・

意外にみんな自分の心に浮かぶ雑念(潜在意識)が理解できていない

意外に自分が考えていることは分かっておらず、

想像しなかったようなことを考えていたりします。

この想像以上の考えが浮かんでいることを認識できると、

意外に自分の本心が理解できたりするかもしれません。

自分の感じ方、直観が大切と言われるゆえんはここにあります。

ただ、感じや直観って、思考でかき乱されて、

歪んだ形で認識されることもあるので、

感じや直観を素直に認識する練習をすることが内観と考えております。

また、内観は心の平安、平穏、集中、安らぎを与えてくれます。

私が感じたのは、

『日々の仕事や日常から離れ、静かに自分を感じることができる大切な時間』

という感じです。

内観自体に特に効果や効能はないのかもしれません。

でも、内観をすることによって、

今まで感じたことがない、

新しい感覚を得ることができるかもしれません。

いえ、確実に『今までとは違う何か』を得ることはできると思います。

そして、今の感情を掴むトレーニングをするとともに、

未来へ進むべきヒント、直観を内観によって磨いてください。

ぜひ、一度試してみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする