問題解決の4つのステップ

スポンサーリンク

人生には様々な問題があります。

ココでは、自分で『うわぁ、コレは問題だ!!』

と感じたときに解決するプログラムを、スグに実践できるように単純化したので読んでください。

① 本当に解決したいと思っているのか

② 問題が解決した状態をイメージできるか

③ 自分の力で変えられるものか

④ 自分の力で変えられることは何か

この4つのステップです。

以下、分説していきます。

広告





《完全無料》即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信

問題解決4つのステップ

① 本当に解決したいと思っているのか

この第一段階では、問題と思っている事象をふるいにかけます。

『よくよく考えると問題??』

と疑問に思ったら、バッサリ問題をスグに削除してください。

つまり、問題というのは自分で勝手に思い込んでいることが多いです。

或いは、引き寄せていることもあります。

したがい、自分で『問題とは言えないな、大袈裟に考え過ぎだったな』 と思えればそれはそれOKです。

案外、この第一段階でほとんどの問題と思っていたものが問題ではなくなると思います。

② 問題が解決した状態をイメージできるか

この第二段階では、問題を解決する手法ではなく、解決したと仮定して、その状態を想像イメージします。

つまり、解決後をイメージします。

ここでは、具体的な数値目標、障害・課題・問題が解決したときの状態、そして一番大事な感情を味わってください。

③ 自分の力で変えられるものか

第三段階では、その課題、問題が自分で解決できるものであるか否かを検証します。

変えられない場合は、くよくよ考えても仕方ないわけです。

素直に次のステップへ行きましょう

このときの心境としては、なるべくアソシエイトせず、ディソシエイトしてください。

これにより早く次のステップに移ることができると思います。

④ 自分の力で変えられることは何か

そして、第四段階。

ここまでくれば、自分で変えられることが割と自然に明確になっていると思います。

それゆえ、それを素直に実行してください。

また、自分で変えられることがわかると手段、方法が無数に自然と湧いてきます

最もやりやすいことがスタートしてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする