ストレスは潜在意識が自分を守ってくれている反応

スポンサーリンク

困難に直面したときは、様々なストレスが精神的に生じ、現実的に体感覚にも変化が生じます。

これは精神(意識)と体が一体となっている証拠です。

逆も真で、

精神状態が良ければ、体調も良くなると言えます。

これはよく知られたことですが、

意外になかなか上手く自分をコントロールすることが難しいです。

なぜでしょうか??

広告




ストレス ⇒自分を客観視できない ⇒当たり前

困難、ストレスに苛まれている状況下では、

客観的に自分を見ることができなくなるからです。

なぜなら、ストレス、不快な感情(困難と感じること自体の感情)は、

自分の身を守るために、

潜在意識が現実世界の顕在意識(自分)に対して、

警告を発している状況なんです。

ゆえに、客観視し辛く、逃げ出したい気持ちになっても当然なんです。

そして、ストレスを感じるのは、自分が正常な証拠です。

対処法

そこでまず、ストレスに対して、

『私を守ってくれてありがとう。警告を発してくれてありがとう』

と思ってください。

つまり、

潜在意識が顕在意識に対して、

ストレスを感じさせることは、

危険を察知させていることにほかならないのです。

つまり、

ストレス=自分の身を守る最高の警告であり、

ストレスはそのようなシステムと考えるべきです。

このように考えれば、

ストレスに対する悪いイメージが無くなるのではないでしょうか?

多くの場合、

ストレスを感じることに対して、

更にストレスを感じる場合が多いです。

これでは悪循環ですね。

ストレスに感謝する

今後はストレスを感じたら、

素直に自分のストレスについて

『ストレスを感じさせてくれてありがとう、

これで自分の身を守るように警告を発してくれているのですね。

本当に身の危険があるのか検証してみます。

ストレスありがとう』

というような感謝心で、ストレスを迎え入れてみてください。

そうすると、ストレスを感じた時に・・・

自動的に・・・

『安らかな気持ちになれるようになります。』

つまり、

ストレスと感じるのは一瞬で、

スグに感謝心、そして行動。

というプログラムを自分で作ると良いのです。

つまり、ストレスに感謝は、潜在意識に感謝することと同じ

したがって、ストレスを感じたら、間髪入れず、ストレートに『潜在意識がストレスという刑法を自動的にだしてくれている』感謝すれば良いです。

つまり、潜在意識に感謝することと同じです。

だからこそ、ストレス大歓迎、大丈夫、潜在意識が確実に時分を護ってくれていると、感じればOKです!!

ストレスをストレスとして感じ取れる状態は、正常である証拠

また、ストレスをストレスとして感じとれる状態は正常な証拠ともいえるので、現在の状態に対して感謝することも大切です!

ぜひ、ストレスを楽しむくらいの勢い、強さ、ガッツキさ加減を大切にしてください!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする