無意識の具体的な書き替え手順

スポンサーリンク
広告




無意識の書き替えは実は簡単

無意識を書き換えるのは実は簡単です。

といっても、私も気付くのに、10年以上かかってます。

結局、無意識を書き換えることとは、自分を知ることに他なりません。

なぜなら、無意識も、意識も、自分自身であるから。

以下に、潜在意識の書き換え手順を書きます。

ところで、無意識とは、無意識的に浮かんでくる思考、感情、身体の感覚そのものです。

したがって、無意識を変化させることとは、無意識のプログラム(思考、感情、身体の感覚)を、書き換えることと同じということです。

具体的な書き替え手順

観察段階

無意識のプログラムは、無意識なので気付きにくい

気付いていないことは、変えることができない

だから、無意識的になっていることを、意識できるようにする必要がある

無意識が顕在化するのは、思考、感情、身体の感覚など

そこで先ず、思考、感情、身体感覚を、しっかりと観察する(脱同一化、俯瞰、客観化)

願望植え付け

そして、観察した思考、感情、身体感覚を変化させることで、プログラムを書き換えるようにします

思考、感情、身体感覚を変化させるには、第一にしっかりと思考、感情、身体感覚を認識すること、第二に願望イメージをアリアリと思考、感情、身体感覚で感じること

ここで、第一の認識のみで心がスッキリすることがあります。多くは、苦手なことや恐怖などが、認識だけで払拭されます。これは、認識=客観視(脱同一化)することで、誇大に感じていた思考、感情、身体感覚が是正されるからです。

つまり、悩みに集中するのも、願望実現には有効ということです。

また、第二の願望イメージをアリアリと感じることは、よくある成功法則で言われることです。

ただ、このときの注意点は、思考、感情、身体感覚として感じるくらいにイメージをアリアリとすることです

良きイメージとして最適なのは、反射的にパッと浮かんだ願望イメージです

あまり考え込んで浮かんだものは、良きイメージでもやめた方が良いです

なぜなら、考え込まないとイメージできないものは、本当の願望とは異なる場合が多いためです。

できるだけ、パッと浮かんだ良きイメージをきっかけに、無意識に連鎖的に出てくるイメージが良いです。

このパッと浮かんだ良きイメージと連鎖イメージをシンプルに鮮明に明確化し、強いインパクトと繰り返しによって、新しい思考、感情、身体感覚を得ることができる。

これで無意識的プログラムの書き換えが完了します

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする