簡単で強力な瞑想法

スポンサーリンク

瞑想と聞くと難しそうなイメージがあるかもしれません。

私も昔は、アファーメーションをするために瞑想をしたり、

心を鎮めるために瞑想をしたりいろいろやりました。

ただ、最近分かってきたのは・・・これらはちょっと間違いかも??

実は、瞑想というのは、

心の中にフツフツを浮かぶ想念、イメージ、感覚、感情を味わい眺める・・・

というのを教えてもらって実践すると、これが一番良かった。

広告





《完全無料》即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信

瞑想で何かを求めてはいけない

つまり、

瞑想で何かを求めると、

もう瞑想ではなくなり、

潜在意識にアクセスすること自体ができないということです。

潜在意識にアクセスするとは、

単純に潜在意識に命令したり、

指示を出したり、

塗り替えたりする話ではないです。

実際には、『眺める』『垣間見る』と言った感じでしょうか。

つまり、

潜在意識を変えよう、

吹替えよう

と思った瞬間、

潜在意識は自分を守るために閉まります。

だから、逆に潜在意識からの答え(回答)を得る目的で

瞑想をするのが良いかもしれません。

瞑想の極意はボーっとする

もうぼーっとするのが、

最高の瞑想です。

みなさん、

意外に瞑想のときにぼーっとすることをしないでしょ?(笑)

そして、フツフツを浮かぶ想念、イメージ、感情を味わってください。

すると瞑想を終えた後・・・

すごい充実感

があると思います。

これは、自分を大事に、

大切に、感じとり、

本当の自分と巡り合えたという感じです。

でも、それはあくまでほんの一部で、

垣間見れたという感じでもあります。

そこに無限の可能性を感じることが瞑想をやる意義であると私は感じてます。

つまり、瞑想とは

自分を大切にすること

だと思うのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする