『ありがとう』を言うと鬱にならない

スポンサーリンク

標題の言葉は、

以前、鬱から復活された方から教えていただいた言葉です。

私自身は健康ですが、結構この言葉は響きました。

一見すると当たり前のようにも思いますが、

言葉に出して

広告





《完全無料》即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信

『ありがとう』

と言うだけで、鬱になる可能性が低くなるならば、

それは良いこと。

たしかに、感謝心は大切とよく言われます。

実は、私自身は『ありがとう』という言葉は、元々あまり使わない人間だったように思います。

でも、独立開業したあたりから、成功哲学系の自己啓発本などに、

『ウソでも良いので、感謝心をもつ』

或いは、

『言葉に出し続けることが大切』

と書かれてあります。

実際に、これを実践すると、他人との関係性が良い方向へ変化しているとも考えてます。

鬱になるとか、ならないとかだけでなく、この言葉を大切にすることは

自分も守り、幸福にし、良い方向へ導くために必要なことと感じております。

結局、ありがとう

たったこの一つの言葉ですが、

かなり強力で潜在意識に届きやすい言葉なのだと思います。

これはおそらく、言葉自体が潜在意識に到達するのではなく(潜在意識は言葉は分からない、感情、感覚のみの世界)、

ありがとうという言葉の感覚、感情が、

潜在意識に良い影響を及ぼすのだと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする