不幸を作る3つのプログラムを排除しよう

スポンサーリンク

まず答えから、次の3つを排除して、不幸を作るプログラムを粉々にしましょう!!

①不快の連想ゲームをやめる

②部分を全体につなげない

③インパクトと繰り返しの負の連鎖を断ち切る

では、以下に各々を分説していきます。

広告





《完全無料》即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信

不幸を作る3つのプログラム

① 『不快』の連想ゲームをやめる

実は、不快、ストレスというのは、

過去の不快な記憶の再生で発生することが多いのです。

したがい、過去は過去、未来は未来、今は今とハッキリと明確に意識することが大切です。

これには、

 深呼吸

 瞑想

 ディソシエイト(客観視)

のテクニックが有効です。

また問題解決のところでも述べましたが、

『本当に問題か?』

という視点、考え方が大切です。

② 部分を全体につなげない

これは上述の過去、今、未来をすべてバラバラに考えるということです。

人は、ネガティブ思考にスグに陥ります。

ほっておいてもすぐにネガティブに・・・

ネガティブマインドは、

自分を守るために重要な機能の一つです。

つまり、自分を守る自動制御装置が正常に働いていること

と正しくネガティブマインドを認識してください。

その上で、過去、今、未来は、すべて異なり、

今の事象、未来の事象が必ず過去と同じ状態になるとは考えないことです。

つまり、

部分『今』を、全体『過去⇒今⇒未来の時間の流れ』

無理矢理くっつけないことが大切です。

結局、人って、今の失敗を過去の行動にスグ求めたがるのですね・・・

原因は何だろう??的な感じで・・・

そんな風に、

今を時間の流れ全体にスグにくっつけるから、

行動し辛くなるのです・・・

過去の失敗、今の失敗が、必ず未来にも発生する的な・・・

③ インパクトと繰り返しの負の連鎖を断ち切る

ココは静かに思考を停止させるわけです。

わざわざ何度も思い悩むことはやはり、

自分の記憶になんども楔を打っているのと同じです。

だからこそ、本当に問題か???

という視点を思い出してください。

常にディソシエイト??

常に本当に問題か??

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする