まずは自分とつながればほぼ100%落ち着きます

スポンサーリンク

私自身も、不安・焦燥感に襲われることが多々あります。

そんなときは次のリンクの呼吸法、瞑想法をやります。

1分で眠れると話題の478呼吸法!夜眠れないときは瞑想が効く!

スゴク単純で効果がでやすいです。

やっぱりシンプルなものほどスグに使えて、効果もでやすいです。

1、目や耳から余計な刺激が入らないよう、暗く静かな場所で椅子に座る

雑念が入らないよう目を閉じたり、周囲の音が気になる場合は耳栓を使用するなど気を付けてください。
また、椅子がない場合は床であぐらをかいてもいいですが、背筋が伸びるよう注意しましょう。

2、目を閉じながら深呼吸して、腹式呼吸と同時にマントラを唱える

息を吸うときに「オーン・ナーム」と唱え、息を吐くときに「スヴァーハー」と唱えます。
マントラを唱えると脳をクリアに保つことができます。

無意識になるようマントラを唱えながら1日15分、腹式呼吸を行いましょう。

3、雑念を棚上げする

瞑想をしているとどうしても他事が頭をよぎってしまいます。
瞑想中は頭の中を空っぽにしなくてはいけないので、他事が浮かんできたら、「今は瞑想中だから考えるのは後にしよう」と棚上げします。

この棚上げ作業を行っていると、そのうち考えることがなくなって、頭の中がシーンとクリアになります。

この状態で瞑想を続けていると、やがて普段思い出さない昔の記憶が蘇ったり、快感を感じるようになるそうです。

私の場合は、かなり酷い不安や焦燥感に襲われるときは、上述の瞑想を行います。

落ち着いてくると、いつものイメージをボンヤリ浮かべながら瞑想します。

キャプチャ

広告




ぼんやりイメージすることが大切

基本的は、ぼんやりイメージするくらいがイイです。

無理にイメージすると、思考が強くなる、つまり意識が強くなりすぎて潜在意識が露呈し辛くなるからです。

あくまで、文字、言語は意識せず、非言語的なイメージが良いです。

ところで、

呼吸は体感

眺めは自分を見る

ということで異論なしと思われます。

すべてが一つという感覚

これもイメージの話しなので、言葉では説明しづらいですが、

私の中では宇宙全体とつながる・・・というようなイメージはしてません。

理由は単純で、イメージし辛く、無理に宇宙とつながる・・・と思ってしまうと意識が邪魔をするからです。

ここは、むしろ

自分の内面と深くつながる。

もう少し言えば、自分の深い部分(潜在意識)と深くつながる

というイメージです。

ただ、注意点は・・・

『潜在意識』『波動』『調和』『トランス状態』という言葉面を意識するのはやめて、

フワフワとして心地良いイメージをした方が良いと思います。

もっと言えば、心地良さを感じることを優先させてください。

心地良さを体感すること = 本当の自分の願望に触れる

これは結局、心地良さを体感することは、本当の自分の願望に触れることになるのです。

そこから、その心地良さを現実世界で体感できるように、少しずつ伸ばすような感じ・・・

これが、すべてが一つという感覚です。

最近、これがスゴク気に入ってます!!

ぜひ、おためしください!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする