潜在意識の正体3 潜在意識からの回答

スポンサーリンク

潜在意識からの回答を得る方法

今回も前回のブログ(潜在意識の正体2 全体像)で利用した図を使って説明します。

CCI20160313_00001

ところで、前回は無意識と意識の全体像のお話しをして、

無意識は、意識できない、意識で変化させうるもの

というお話しが中心でした。

今回は、図中の赤文字(赤線)のお話しです。

広告




意識と無意識は感情で接続

まずは先にあやまります。

今まで、潜在意識=感情

として説明してきましたが、

最近分かったのは、

『感情は、たしかに非言語的で、無意識よりだけど、意識と無意識の間にある緩衝地帯のようなもの』

ということです。

図を見ながら以下読んでください。

思考を現実世界(無意識)に投げると感情が帰ってくる

自分の中の思考を、現実世界である無意識に投げつけると、感情が帰ってきます。

ここで、現実世界=無意識としたのは、前回のブログ(潜在意識の正体2 全体像)を読んでくださいね。

つまり・・・

自分の思考を、実際の現実に対して、表現したり、口に出したり、行動したりすると・・・

必ず感情が沸き起こります。

具体的には、

・ある人にあることを言ったところ、いろいろな反応が返されることで、その反応を受けた自分の中にある感情が発生する。

などです。

つまり・・・無意識(潜在意識)を知る、回答を得るとは、

実際にある行動をしたことによる、

現実世界からの反応の自分の受け取り方

そのものだということです。

・・・何が言いたいかというと・・・

結局、無意識からの知恵、回答というのは、

行動しないと得られないということです。

これは、潜在意識の正体2 全体像を読んでいただくと分かると思うのですが・・・

結局、突き詰めると物理法則なんですね。

何かをセンシング、結果を知ることとは、意識によってそれを観測すること。

つまり、無意識の回答を得ることは、行動に対する現実世界での反応で知ることとなるわけです。

だから、人としてのあり方、態度、姿勢というのが大切になってくるものと私は理解しております。

何をするにしても行動することが大切と言われるのは、上述のような意味合いがあるものと最近は思っております。

つまり、良き感情を受け取るためには、思考と行動が無意識の現実世界に対して良いもの、心地良いもの、清々しいもの、楽しいもの・・・でなければ、感情は楽しくならないのです。

なんか、スゴク平凡な記事となりましたが・・・

それほど、意識、無意識というのはシンプルで平凡なんです。

だからこそ、潜在意識を活用するとか・・・無意識を利用するとか・・・潜在意識を書き換えるなんて言いますが・・・

本当のところは、自分自身の心的態度、感謝心、生き方、人としてのあり方を、良い方向にすることが、結局必要なのです。

そうでなければ、良い感情を生む・・・すなわち幸福になれないのです。

成功、幸福の近道は、良い感情の跳ね返り(回答)を得ることが第一にやるべきことです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする