イメージと集中力の自在化が成功への近道

スポンサーリンク
例えば、ビジネス書などには、
① 会社経営の心構え
② 経営者としてのあり方・考え方
③ 仕事をする上での心の姿勢
④ スグに取り掛かる方法(先延ばししない方法)
⑤ NLP
・・・等々の解説が書かれていることが多いです。
多種多様な成功法則、自己啓発の内容が書かれてます。
僕も好きで、多くのビジネス書を読みました。
多分、200冊くらいは読んだかも?
でも、結局、身についたことは、ほんの少しだけ。
なぜ、少ししか身につかなかったのか?
理由は単純です。
やるべき心構え、手順、手法が多く、複雑で面倒
逆に言えば、コレが解消された成功法則や自己啓発があれば、身に付き、実際に成功する可能性が高まると思いました。

ここで、私がいろいろ考えて出した結論は・・・

心構え、あり方、考え方などは人によって千差万別なので、そもそも不要では?

本当に大切なのは・・・

成功者が、共通してもっている特性を、必要最小限にシンプルに体系化して、今すぐ実践できること

という結論に達しました。

これを見つけることが、一番早く成功するラインに乗れると思いました。

そこで、身近な成功者と呼ばれる人々の動きや特性を観察してみました。

すると、目的、目標、好き嫌い、趣向、考え方、あり方・・・すべて見事なくらいバラバラでした(笑)。

当たり前と言えば、当たり前。

だって、皆個性があるし、業種は違うし・・・

つまり、目的、目標、好き嫌い、趣向、考え方、あり方・・・等々は、成功とは直接的には関係ないことがわかったのです。

でも、ある共通する部分が見えてきました。

広告




それは、イメージ力、集中力が素晴らしいこと。

もうこれしかない!と思いました。

そして、イメージ力や集中力を最大化して発揮するのに、好き嫌い、趣向などは関係なく、必要な時に必要な分だけ自在に操れることが大切ということです。

更に、イメージ力と集中力の源泉は・・・日常において、一日の満足感とやりきった感を大切にすること。

つまり、単純に『くっきりとしたイメージをもって集中して一日を無駄なく生きる』ことで得られる、爽快感、満足感、スッキリ感が、イメージ力と集中力の源泉と思うようになりました。

実は、『くっきりとしたイメージをもって、集中して、一日をしっかり生きる』と、本当に心地良いし、スゴク満足考えられます。

また、嫌なことをあったとしても、明確なイメージをもって、集中して、仕事をすれば、キッチリと爽快感が得られることがわかりました。

でも、イメージ、集中が難しい??

でも、このイメージと集中については、一般的になかなか難しいと思われてます。

僕もそう思ってました。

ただ私の場合、2年前に小田全宏先生にお会いして以来、アクティブの手法を、なんとか日常に取り入れて応用できないかと実践してきて、ある程度良い感じになってきました。

私は、今まで人の個性(あり方、考え方、心構え)に左右されず、最大限能力を発揮して、仕事の成果を最大化する方法・・・という都合の良いことをズッと模索してました。

その中でだんだんわかってきたのは、好き嫌い、ワクワクの有無など関係無しに、最大のパフォーマンスを発揮するには『イメージ』と『集中』だけで十分。

実は、これができるようになると、好き嫌い、ワクワクの有無なんて関係無しに、『イメージ』と『集中』ができたこと自体が好きになり、自信となり、自然に無意識に毎日がワクワクと楽しくなることが分かったからです。

では・・・そのやり方は・・・

実は、このブログの一発目の記事が、イメージと集中のやり方と体感の仕方として一番わかりやすいと思います。

ぜひ一度読んでみてください。

潜在意識を体感し願望をイメージする方法

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする