潜在意識を体感してイメージとリンクさせる方法

スポンサーリンク

よく、願望実現で潜在意識を活用すると言いますね。

でも・・・そもそも潜在意識って何?

潜在意識の正体って何?

という疑問はありませんか?

潜在意識の正体を認識、理解もできていないのに、願望実現で潜在意識を活用する・・・ってなんかおかしいですよね??

私もなかなか理解できませんでした・・・

でも、カンタンに潜在意識を体感し、理解することができました。

すると、願望実現のために潜在意識にどのようにアプローチすれば良いかが理解できるようになりました。

以下を読んでいただくと、潜在意識の正体がわかると思います。

では早速!!

広告




梅干しイメージ法

『梅干し』を想像してください。

真剣に梅干しを想像してください。

すると、口の中が酸っぱくなったり、唾液が増えたりしたらOK!!

この現象は、次のようなプロセスが実行されたからです。

① イメージが

② 潜在意識にまで届いて、

③ 無意識に体が反応

④ 口の中が酸っぱい感覚になり、唾液が出た

ということです。

ここは、なんとなく理解できますよね。

梅干しイメージ法は、イメージと潜在意識がリンクしていることを確認するためのワーク

この梅干しイメージ法は、

イメージと潜在意識がリンクしていることを、確認するためのワークです。

このイメージと潜在意識のリンクをもう少しくわし

① 【脳がイメージ】

⇒ 目の前に梅干しがないのに、脳で梅干しをイメージする

② 【イメージが潜在意識を喚起】

⇒ 梅干しのイメージが、潜在意識に届く

③ 潜在意識が記憶を検索(無意識に記憶を検索)

⇒ 潜在意識が、過去の記憶を検索して、同様の体験、体感、感覚がなかったか検索する

④ 記憶が過去の体験、体感、感覚を、体感覚として(orイメージ、思考として)再現する

⇒ 脳が無意識に(潜在意識)反応して、体感覚、イメージ、思考として顕在意識として認識する

③ 【認識により体が反応】

⇒ 認識により体が反応して、唾液が出る

つまり、イメージと潜在意識は、

具体的には、脳で梅干しをイメージしたことによって、意識的には反応し辛い部分(唾液の分泌)を、無意識的に反応させて

では・・・

『梅干し』を『願望』に置き換えて、潜在意識からの反応(嬉しい感情、楽しい感情)をシッカリと体感することで、願望実現のための行動がしやすくなる。

と思いませんか?

そのとおりです!!

これが潜在意識の活用の最もシンプルな方法なんです!!

イメージで願望実現するには

イメージで願望実現するには、上述の梅干しを願望に変更するだけです。

① 願望を設定(梅干しをイメージ)

⇒ 例;ゲームがしたい、スマホを見たい

② イメージすると、楽しい、嬉しい、安心の感情が生まれる(よだれが出る)

⇒ 例;実際にゲームをしている自分を思い浮かべる

③ 行動したくてウズウズする

⇒ 例;もうゲームをしたくてウズウズする。

ポイントは、行動したくてウズウズする感覚を得るような願望をもつことです。

この感覚があれば、スグに行動できるはずです。

文中に挟んだ、ゲームの例を読んでいただくと何となく理解できますよね。

以上の流れが、願望実現、成功法則、潜在意識の利用のヒントです。

つまり、今を変化させると、未来が変化します。

つまり、

今の感情感覚を変化させる願望を持つことで、未来を変更するための行動を起こしやすくするのがイメージを活用する極意です。

そこで、

第一段階の今の感情感覚を変化させる方法として、

願望をイメージすることが重要となります。

そして、行動すると未来が変化します。

変化が変化を呼んで、未来がよくなる!!

シンプルですね!!

このブログをドンドン読み進めてくださいね!!

ゆっくり、素直に、気持ち良く実践が大切

以降、このブログでは、

今の感情、感覚を変化させるために、

さまざなテクニックをご紹介させていただきます。

そのなかで、自分に合うものを実践すればOKと思います。

逆に言えば、自分に合わないものは無理に実践する必要はないです。

なぜなら、実践すること自体が嫌になってしまうからです。

私は、

潜在意識 = 感情、体感覚

と思っております。

だから、自分の『やりたい!』『嫌だ!』という感情や体の感覚を信じてください。

ここで書く潜在意識のお話しは、仕事でも、義務でもありません。

だから、ゆっくり、素直に、気持ち良く実践することが一番です。

自分を信じる第一歩は

自分の感情、体感覚を素直に感じることからスタートだと思っております。

ぜひ、じっくりと、気楽に、楽しみながら、熱中してみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする