必ず叶う初歩的な願望実現法

スポンサーリンク

今まで、いろいろな願望実現方法について書いてきました。

今回のお話しは、

単純明快で、

誰でもできるけど、

意外にだれもやらない

必ず叶う初歩的な願望実現方法です。

やればジワジワ効果が出てくると思います。

言ってみれば、レミニセンス現象の如く、効いてくると思います。

※ レミニセンス現象については、ググってみてください。

広告





《完全無料》即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信

願望とは?

そもそも願望はなんでしょうか??

おそらく

お金

仕事

恋愛

結婚

人間関係

性格を変えたい

健康

・・・等々の願望が多いと思います。

つまり、願望とは、幸せ感、喜びの感情が、無意識に湧き上がるもの。

そして、

願望の種類には関係なく、

潜在意識は、

完璧な回答や状態を、

我々に与えるものだと言えます。

ところで・・・

潜在意識は、善悪、人称、過去未来・・・の区別も判断もしない。

ただ、刻印されたものを、その通りに実現するように現実世界に働きかけるものです。

潜在意識にとって願望とは何か?

潜在意識に送り込まれる願望というのは、

日常的に湧き上がる【感情+思考(判断)+願望】の全てです。

したがって、

アファーメーションや祈りをたくさんやっても、

潜在意識に届けられる願望はごく一部ということです。

つまり

【人の願望】 = 【普段の日常生活で湧き上がる感情】

即ち【日常生活そのもの】と考えて良いです。

したがって、日常感じて、湧き上がるものが、今目の前で実現しているということです。

潜在意識の理論を知らない人でも成功する理由

潜在意識や成功法則系の書籍によく書かれていることですが・・・

願望実現に特定の祈りや方法、正しい姿勢などはありません。

理由は【 願望 = 日常生活そのもの 】だから。

ゆえに

潜在意識を意識していなくても、

願望を達成して、

幸せに暮らしている人がいるのです。

つまり、アファーメーションや祈りなどをしなくても、

願望達成できるし、成功できるのです。

もし、祈らなければ願望実現できないとなると、

世の中は願望実現しない人だらけになると思います。

逆に考えると、

もしアファーメーションや祈りによって確実に願望実現できるのであれば、

人類はとっくにその祈り方を発見していると思うのです。

なぜなら、

昔から成功している人がいるので、

その人たちがやっている祈り方を詳細に分析することで、

誰でも簡単に願望達成できる祈り方が判明し、世に広まり、

皆が幸福になると思うからです。

したがって、祈りと願望実現は、必ずしも一致しません。別物です。

つまり、

単に望んでいること、

信じていることが実現される。

これがこの世の仕組みだと思います。

実現する人と実現しない人がいる理由

結局、

日常生活の心的態度(つまり、『あり方』)が、

願望実現に大きな影響を与えていると断言できます。

したがって、

【 願望実現できる人 = 日常生活の感情や思考(あり方)が、願望と一致している 】

【 願望実現できない人 = 日常生活の感情や思考(あり方)が、願望と一致していない 】

と言い切れると思うのです。

重要なのは

「今の思考や感情のあり方が、

 願望と一致しているか?」

or

「願望を実現するあり方とはどんな状態か?」

と常時自分に問い掛けることが大切です。

よくものには、順序があると言いますが、

潜在意識には、時間や空間の概念がありません。

心の中で願望を見つめるのに、

過去や順序を意識しなくても良いのです。

また、これをやると真の願望が見えてきます。

すると、願望の修正をしたくなりますが、自由にやって良いです。

あくまで、願望に縛られるのではなく、

願望を実現するような心のあり方(心的態度)を見つけ(確立し)、

今の思考と感情のあり方が、願望と一致したものか?

を常時チェックしつつ、

行動することが願望達成にとってとても重要です。

重要どころか、「これしかない」です。

祈りは、祈る人の存在を方向づけるための手段です。

祈りは間接的に願望を叶えます。

直接的に叶えるのは潜在意識であり、それは、日常生活の感情や思考そのものだと思います。

決意は意識、叶えるのは潜在意識です。

つまり、

物事への執着がなくなり、

アファーメーションや祈りが不要となり、

自然に感謝できる状態となれば、

願望は自然に実現します。

自分が何者か分からず、

願望が自分にとってどんな意味を持つかを考えることなしに、

執着を取り除いたり、

感謝を感じたり、

誰かを愛することはできません。

本当の自分とつながると、願望がどうのこうの、とか考えなくなります。

したがって、

願望が実現しない人が

「お金持ちになりたいのなんて当たり前。」、

「好きな異性と付き合いたいと思うのは当たり前。」

という程度の軽い認識で、願望を抱いても実現する可能性は低いです。

理由は、

これらの願望を実現するあり方を見つけていない状態なので、

日常の感情そのものが、

願望とはかけ離れた状態となるからです。

願望が実現するとき

いよいよ、今回のテーマ「願望が実現するとき」です。

願望が実現するときは、まちがいなくこちらが動く前に、向こうからやってきます。

理由は、

願望を実現するための思考と感情のあり方が変化すれば、

思考、感じ方、捉え方、感情が変化するので、

今までなら見過ごしていた目の前の事象や出来事から、

容易にチャンスを掴むことができる状態となります。

結局、引き寄せの法則とは、

感じ方・見え方の変化によって、

今の目の前の現実からチャンスを掴みやすくなる状態だと思うのです。

換言すれば、

世界観(感じ方、見え方)の変容がもたらす産物のことを、

引き寄せの法則と呼んでいるだけだと思うのです。

したがい、この世界観(感じ方、見え方)の変化が、

劇的であればあるほど、

願望実現のスピードが速くなります。

理由は、世界観の変化が劇的であるとは、チャンスを掴むセンサーが鋭敏になったようなものだから。

だから、願望を実現する心のあり方、構えができれば、あとは迷わず一心不乱に行動すれば良いだけです。

おそらく、この状態になれば自然に行動できていると思います。

というか、行動せずにはいられない状態となるはずです。

以上が願望実現のコツです。

『思考と感情が、願望と一致していれば、今どんな状態・行動をすべきかるか?』との問いかけが大切

これをやると、潜在意識から様々な回答が帰ってきます。

実際には、違和感、ワクワク感、高揚感、暗い感じ等々様々なシグナルとも言うべき回答です。

この回答を大切にしながら行動してください。

この回答は、思考と感情が願望と一致していれば、今の自分にとって迷わない明確な形でやってきます。

もし、迷うようなシグナルを受け取ったのなら、上述の問いかけが十分に確立されていない可能性があります。

思考と感情が、願望と一致する日常生活を送っていると、迷うようなシグナルはきません。

でも、迷うようなシグナルの時は、

ある意味、

潜在意識がダンダン鋭敏になってきたとも言え、

「後少しで願望が叶うんだ!」

と前向きに捉えてみてください。

ここはなるべくポジティブに行きましょう!

また「一つのシグナルに依存したり執着しない」のも重要です。

つまり、あまり決めてかからないことです。

日々の日常の出来事を信頼して、

真剣に取り組めば「願望が叶うとか叶わないとか」

そういう考えに割く時間はなくなってきます。

心をオープンにして、

様々なシグナルを総合的に受け入れた上で、

迷わない行動をしてみてください。

行動するうちに、嫌な経験をすることになるかもしれません。

心がぐらつくかもしれません。

それでも、

願望の意味をしっかり心に抱き、

願望と一致した生活を過ごしていれば、

願望が叶いかけて、遠ざかっても

出来事に一喜一憂しないようになると思います。

そして、願望が叶うときは、向こうからやってきます。

こちらが行動を起こす前に、向こうから素敵な宝物が送り届けられるのです。

私は今そう信じています。

そして、ここからが素晴らしいことなのですが、

意識で望んだ願望よりも素晴らしい状態が届けられます。

望んだ願望よりも遥かに自分を豊かにする願望が実現するのです。

意識できない世界では、すべてが明らかで、完璧で、愛と善意に満ち溢れているのだと思います。

その宝箱をちょっと開けると、自分でも意識しなかったスゴイことが起こるのだと思います。

だから、感謝せずにいられないのです。

逆に言えば、先に感謝してしまう感謝法に効果があるのもうなずけます。

過去の辛い出来事や思い出も感謝に変わると思います。

ぜひ、思考と感情が、願望に一致した状態では、今どう感じるか?、どう行動した状態が良いのか?、どう選択するのが良いのか?

を意識しつつ生活してみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする