自分の幸せに他人の評価は関係無し

スポンサーリンク

こういうことってないですか?

『他人にどう思われているか気になる』

⇒ 良く思われたい

『他人の評価が気になる』

⇒ 良く思われたい

『他人の動きが気になる』

⇒ 乗り遅れないように

誰にでもありますよね。

やっぱり『良く思われたい』『乗り遅れないように』って思ってしまいますよね。

私もありました。

でも、最近私は、この呪縛から解放されつつあります。

もちろん完全ではないけど、従来ほどではないです。

広告





《完全無料》即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信

どうやって解放されつつあるのか?

答えは案外簡単ですよ・・・

後ほど示すような質問を、自分自身に何度も問いかけて、納得する答えを求めました・・・でも納得する答えが得られなかったのです。

つまり、質問が悪かったということ・・・

その質問とは・・・

『本当に他人に良く思われたいの?良く思われたらどうなるの?』

『本当に他人から遅れたくないの?遅れたらどうなるの?』

この2つだけ。

これらの質問に対して、納得できる明確な答えを自分で見つけることができませんでした。

だから質問のようなことで、自分は悩んでいないということ・・・

つまり、

『他人に良く思われたい』

『他人から乗り遅れない』

ということは、私は本心からは思ってもいないということです。

これってよく考えると当たり前なんです。

だって、自分の幸せに他人は関係ないですから!!

だから自分本位でも全然OKなんです

まわりにいませんか??

すごく自分勝手だけど、案外自由に生きている人。

本当に相手にされなくくらい酷いことばかりする人なら別ですが、少々自分勝手でも案外相手にされますし、上手く生きていけます。

ただ・・・やはり少しは相手に配慮した方が、いろんな意味で関係性は良くなると思います。

結局、バランスなんです。

でも、既に他人のことがプレッシャーに感じたりしているなら、少々過剰に他人を意識しすぎなのかもしれません。

つまり、私が言いたいのは、あまり他人の目を気にする必要もなく、少々他人から格好悪く見られても気にし過ぎる必要はないです。

実際、そんなに他人は、あなたのことを見てないですよ。

だから、適当に好き勝手やれば良いです。

でもホドホドにね。

つまり、先ずは自分本位で、誰にも迷惑がかからないところで、思いっきり自分本位でやってみてください。

本当に上手くやるには、廻りの状況をみながら少しずつ自分本位要素を増やしていくのも良いと思います。

そうすることで、だんだん他人の目も気にならなくなり、他人もあなたのことをそれで自然であると感じるようになると思います。

ぜひ、自分本位で自由に生きてください!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする