願望が本当の願望を曇らす

スポンサーリンク

キャプチャ

結局、最近は

自分 を意識する

呼吸 を整える

宝彩さんの棚上げ瞑想 を実践する

この3つを、淡々とやるだけで、

頭がスッキリ

気持ちが安定

良い引き寄せ(良いことに自然と反応できる)

という状態になります。

広告





《完全無料》即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信

自分が思っている願望は、案外間違っているかもしれない

自分が【願望】だと思っているものは、案外間違っていて、本当の自分の願望ではない可能性があるということです。

つまり、書籍で読んだり、他人からの影響で、勝手に自分の願望だと思い込んでいる場合があるということです。

もう少し言えば、

本当の願望は、既に自分にあるので、敢えて意識せずとも、チャンスが訪れれば、本来は無意識に行動できるものです。

しかし、本当の願望とは違う願望を、敢えて思い込むと、それがノイズとなって、本当の願望のチャンスが訪れても気付かなくなる可能性が高くなる。

或いは、見過ごしてしまうということです。

そこで、敢えて願望を意識せずに、

自分の思考を停止させることによって、本当の願望に気付くやすくする必要があるということです。

それに良いのが、

自分を意識すること

呼吸を整えること

宝彩さんの瞑想をすること

自分 を意識する

これは、単純に他人、世間、家族・・・等々を忘れて、本来の自分を探究するということです。

別にむずかしいことはする必要はありません。

呼吸と宝彩さんの瞑想を繰り返しやるだけで自然とわかってきます。

特に初めてやった時に・・・

何かよくわからないが違和感

苦しさ

安堵感

を感じた人は、それでOKです。

本当の自分の願望というのは、感覚、感情で言語的ではありません。

というか・・・そもそも言語化できるものではなく、感情そのものです。

したがって、

上述のような違和感を感じた人は・・・

今まで思ってきた願望に対して違和感を感じているのかもしれませんし、

本来の自分に戻ることに対して、従前と異なる場合に、拒否反応、不安感等々が無意識に想起されているのかもしれません。

苦しさや安堵感についても同様です。

つまり、心の反応、脳の反応が、何かしら起これば、それは本来の自分へ戻る第一ステップにあると考えれば良いです。

なんでもそうですが、変化に差し掛かると、不安定感や従来と異なる感覚が想起されるものです。

あくまで感覚のお話しですので、おそれず、その感覚をぜひ楽しんでみてください!!

そうすると、徐々にあることがわかってきます。

このあることとは・・・本来の自分です。

この本来の自分い気付くことが、悟りであると最近思います。

どうでしょうか、ぜひ一度試してみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする