自分の必勝行動パターンをつくる

スポンサーリンク

だいぶこのブログも成熟してきました。

なんやかんやで150記事くらいは書いていると思うのですが、途中で記事を削除したりしたので、現在は・・・たしかこの記事で記事数113かな??

当初は、たくさんの人に読んで欲しいので、短めの中身が無いような記事をたくさんアップしました。

でも、やっぱり中身がないのは、オモシロくないですね。

そこで、オモシロくない記事を削除して、新たに記事を書きなおしたり、いろいろやって今にいたります。

特に4月に入ったあたりからは、この3カ月でわかってきたことの集大成に近いような感じになってます。

そろそろ・・・このブログも終わりかな???どうしよう???

っで、今回は自分の必勝行動パターンをつくるということで!!

広告





《完全無料》即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信

自分の必勝行動パターン

私が思う自分の必勝行動パターンは次のような感じになる行動パターンのことです。

一日が終わった時に、

『今日はよくやった!!』

と腹の底から自然に沸き起こる充実感で満たされるような感じです。

こういう状態の時って、

◆ 確実に自分の願望に向かっていると認識できる状態のとき

◆ 確実に前に進んでいると認識できる状態のとき

◆ 確実に集中できていると認識できる状態のとき

と思うのです。

ということで、この状態を作る具体例・・・私の場合を説明します。

これまで何回か次のような図を使って説明してきました。

最近、これがだいぶ固まりつつある(かなりシンプル化してきました)ので、従来と同様にこの図を使って説明します。

キャプチャ

私の行動必勝パターン

① 上図をイメージし、特に『呼吸』『感情を眺めること』の2つに意識を集中させます

呼吸と感情の2つしかありません。

これに注意を払うだけで、ほぼ90%腹が据わります。

最近書いた、次の2つの記事を参考にしてください。

呼吸は、潜在意識と顕在意識で唯一制御できるもの

感情の観察を3カ月徹底的にやって良かった4つのこと

私は、特に上図をイメージしながら、呼吸に意識をやり、感情を眺めることで、スグに腹が据わり落ち着き、心が安定します。

これが体感できるようになると、スグに入れます。

思考するのではなく、呼吸と感情に意識をやると自然と腹が据わる体感覚を味わえることが大切です。

② 特に目標、目的をイメージせず、空白を作る

空白を作ろうとすると、自然に何か思考が浮かんでくると思います。

行動としては、それをやればOKです。

私の場合は、今すぐにやるべき仕事や家事等が浮かんできます。

もちろん、このときも呼吸と感情を意識しながらです。

・・・すると、無意識にお尻のあたりがモゾモゾするような感覚となって、

スグに行動できる体制が整い、

行動したくて、行動したくて、

いても立っても居られない状態となります。

つまり、強力な潜在意識からの反応に素直に従うだけです。

③ 浮かんだことを徹底的にやる!!集中して大量行動あるのみ

そして、ただただ、集中して大量行動するのみです。

ただ、その際にどうしてもうまく行動できないときは、

上図の下の部分に書いてあることを実行してみます。

ところで・・・自分のミッションについては、

本当に心から思っていることを認識できているなら、普段それほど意識する必要はありません。

なぜなら、既に潜在意識は理解できているので、

②の空白時に自然と願望にあった行動をモゾモゾ感とともに意識側にアップしてくれているからです。

⇒ NLPのチェインプロセスにおけるアウトカムが無い状態で、特に今感じていることを中心に簡略化してやっているような感じです。

案外・・・スマホやインターネットに気が散り過ぎて・・・今の心の状態や感情をシッカリ把握することが苦手になっているのかも??

つまり、現代人は自分に対して鈍感になり過ぎているのかな??と思ったりしてます。

つまり、潜在意識からの反応に忠実にしたがうことが肝要です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする