心が安定した状態=最小作用の原理=思考と感情の一致

スポンサーリンク

物理学に『最小作用の原理』というのがあります。

簡単に説明すると・・・

下図のよう状態で、

A ボールは転げ落ちやすい = 不安定

B ボールは安定している = 安定

CCI20160223_00000

ただ、これだけ。

広告





《完全無料》即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信

人間も自然の一部なので、本来的に物理で説明できるハズです。

すると、心をボールに例えると、Aの状態にあるより、Bの状態にあった方が安定している。

つまり・・

心 = ボール

地形 = 外界、他人、周辺事情

と考えます。

では・・・A、Bの状態は何???

A・・・具体例

① 目標に向かっている状態

② 厳しい環境で頑張っている状態

③ 未来の自分(昇りつめている状態をイメージ)

④ 大きな壁、義務感の塊

B・・・具体例

① 落ち着いている

② 自分がわかっている状態

③ 周辺環境と良い感じで交わっている状態

④ 思考と感情が一致

と考えてます。

そう、私が言いたいのは

Bの④

思考と感情の一致

これが一番イイと思ってます。

つまり、心理的な最小作用の原理=思考と感情の一致 だと思ってます。

そこで、

Bの状態で日々過ごすことを考えられてはいかがでしょうか??

おそらく、これが一番気が楽だと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする