NLP メタモデル(自分を解放)

スポンサーリンク

心のブレーキ

自分の首を絞める

自分に制限

遠慮して、後で後悔しやすい

断れない性格

言いなりの性格

・・・等々

無意識に自分を制限したり、

遠慮しがちな人など、

自分を解放させたい人にとって良いのが

メタモデルです。

広告





《完全無料》即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信

基本は質問

自分を制限してしまった後、

他人にアドバイスをもらっても、

上手く改善できない場合がほとんどです。

理由は・・・

制限する根拠、理由は自分にしかわからないから・・・

だから他人のアドバイスを何回聞いても改善できないのです。

つまり、改善できる答えは既に自分がもっているのです。

それを他人が知るには質問が必要です。

言い換えるならば『質問で情報を復元する』といった感じです。

ただ、この質問は普通の質問ではなくて、それなりのパターンがあります。

以下説明しますね

前提

・言葉は不完全でコミュニケーションミスが発生しやすい。

⇒ これは、心で感じていることは、あくまで非言語的情報(感情)なので、それを言葉にしても、その言葉の解釈は人によって異なるので、なかなか同じ状態で理解することが難しいからです。

つまり、感情やイメージなどの非言語的情報が言葉になる過程で、般化、省略、歪曲等の変化が発生してしまうからです。

そこで、それを補うために質問をするわけです。

つまり具体化することで、一般化、省略、歪曲から情報を上手く復元して互いに意思疎通を図るわけです。

そこで、この具体化をするための質問手法は次のパターンです。

① 具体的には何が大変??、不安??、怖い??(具体化)

② 誰と比較してダメ??(比較)

③ どのようにしてそうなった??(経過①)

④ どのようにしてそれがわかった??(経過②)

という4つくらいで十分です。

なぜ??は厳禁

お気付きのように・・・『なぜ??』が質問にはありません。

案外、この質問よくされるのですが・・・

『なぜ??』と聞かれると、聞かれた側は責められているように感じるもので・・・

このなぜ??の質問に無理に応えようと、更に情報が一般化、歪曲、省略されるおそれがあります。

ですから、なぜは使用禁止で!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする