イメージが難しいとき

スポンサーリンク

願望実現、目標達成には

イメージが大切

ありありとしたイメージが大切

感情が沸き立つようなイメージが大切

・・・と言われます。

でも、これって難しいですよね。

私もなかなか上手くできませんでした。

結局、イメージの仕方がわからないのです。

そこで、

『イメージの具体的なやり方』

『どうしてもイメージが無理な時の対処方法』

について以下に説明します。

広告





《完全無料》即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信

イメージの具体的な方法と無理なときの対処方法

イメージの具体的な方法

次の図を見てください

CCI20160413_00000

自分を作っているのは、簡単に言うと顕在意識と潜在意識と肉体の3要素しかありません。

イメージ = 顕在意識、記憶、思考

感情   = 潜在意識

という関係にあり、

互いに干渉し合う関係にあります。

つまり、

◆良いイメージには、良い感情が

◆悪いイメージには、悪い感情が

沸き立つようになっているのです。

だから、良いイメージをすることが良い・・・となっているのですが、

なかなか良いイメージができない・・・と陥りがちですネ!

でも大丈夫!!

次を実践してみてください。

良い感情から直接入る

つまり、

『フっ~(深呼吸)』

『あ~スッキリ(思わず声に出して言ってしまう感じ)』

『気持ちええ~(絶叫)』

・・・

ということを直接感じることをやってみてください。

つまり、

『快』

を存分に感じてください。

快は、脳や潜在意識に直接届きやすいものです。

だからこそ、とにかくただ一つ快を感じることだけを念頭において!!

実際にやると、なにかイメージ(映像)が一瞬頭の中に浮かびませんか???

僕の場合は、

『キラキラした海』

『青い空』

等々のイメージが一瞬浮かびます。

つまり、

感情 ⇒ イメージ

という感じになってませんか??

僕は、これでも良いと思います。

ここで浮かんだイメージを大切にして、

今後はそのイメージを思い浮かべることで、

良い感情に浸ることが可能になると思います。

つまり、イメージと感情は上記図の如く相互に干渉し合う関係性にあるので、

どちらかが先ではなく、

やりやすい方から入れば良いと思います。

それでも無理なとき・・・

まず、過去の良い記憶を思い出してください。

ここでやり方が一つあります。

自分に対して問いかける方法です。

『私にとって良い思い出を想起してください』

とあえて自分に問うてください。

無理に自分で良いイメージを探そうとせずに、

自分に対して問いかけるようにして、

そこで自然に浮かぶイメージを大切にしてください。

今回は以上です。

ぜひ、一度試してください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする