自律訓練法で願望実現

スポンサーリンク

みなさんこんにちは。

自律訓練法は、ドイツの精神科医シュルツが開発した、自己催眠法であり、治療技法である自律訓練法をご存じですか。

ストレスの軽減、緩和に効果があって、リラックスを体感するのに良い技法です。

私自身は、日常ではあまり使っていないのですが、ストレスが溜まった時などに、使ってます。

最近、この自律訓練法の技法を使ってイメージングすると良いかもしれないと思って、やってみるとスゴク良かったので、以下に説明します。

【自律訓練法】は、

疲労回復、ストレス緩和、仕事や勉強の能率向上、

抑鬱(よくうつ)や不安の軽減などの効果がある

と言われております。

私個人的な感想としては、以下に示す一つ目の公式(第1公式)だけでもリラックス、疲労回復、集中力アップが望める良いものだと思ってます。

また、自律訓練法は自己催眠への誘導法であるので、変性意識状態の体験、多幸感の体験、深いリラックス状態の体験などができるもので、深く感情に作用する・・・

つまり、潜在意識に作用できるものと考えております。

広告





《完全無料》即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信

自律訓練法 6つの公式

自律訓練法は、ズバリ、自分で体感することが中心となるものです。

あまり深く考えずにぜひやってみてください。

一番意識して欲しいのは、

『自分が心地良い』

と感じられることです。

ですので、あまり難しく考えずに、軽い気持ちでやってみることをオススメします。

また、私個人的な考えでは、以下の6つを全部やる必要もなく、第2公式まで十分と考えてます。

更に、短い時間(約5分程度)で、

① 背景公式

② 第1公式

③ 第2公式

④ 消去動作

までを繰り返すのが良いです。

つまり、繰り返すことによって、感覚を覚え、いつでも使えるようにするのが良いと考えております。

では、いきます。

背景公式

気持ちがとても落ち着いている。

第1公式

手足が重い。-「右腕が重たい」「左腕が重たい」「右脚が重たい」「左脚が重たい」/「両腕が重たい」「両脚が重たい」/「両手両脚が重たい」

第2公式

手足が温かい。-「右腕が温かい」「左腕が温かい」「右脚が温かい」「左脚が温かい」/「両腕が温かい」「両脚が温かい」/「両手両脚が温かい」

第3公式

心臓が静かに打っている。

第4公式

呼吸が楽になっている。

第5公式

お腹が暖かい。

第6公式

額が涼しい。

これらの公式を順に心の中で繰り返し唱え、自己催眠状態になっていく。

自律訓練法では、特有の生理的変化や意識状態(めまい、脱力感など)が生じることもあるため、訓練の後は消去動作を行うことが推奨されている。

必ず次の消去動作をやってくださいね!!

消去動作

下記の運動により特有の生理的変化や意識状態が取り消される。

1 両手の開閉運動

2 両肘の屈伸運動

3 大きく背のび

4 深呼吸

更に、イメージのアファーメーションを加える

私は、上記公式を繰り返しながら、一番心地良くなったと思えたタイミングで、良いセルフイメージを抱くようにしてます。

更に更に、エミール・クーエの言葉

「日々に、あらゆる面で、私はますます良くなっていく」

という言葉をつぶやくのも良いかもしれません。

ぜひ、おためしください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする